publishing | 写真集

北関東
土佐和史 写真集

3,500円+税 | 210×290mm | 85ページ | 掲載作品56点 | カラー

Published by BUFFALO PRESS / 2018.7.25

Artist Statement
 

場末の、市井の人々と真摯に向き合い撮影されたポートレイトは見る者すべての心に突き刺さる究極のストレートフォトであり、土佐和史の北関東への優しく愛に溢れる眼差しと鋭い視線によって写し出された優れたドキュメンタリーであり、そしてラブレターである。

虚飾のない写真の素直な本質がここに或る。SUNLIGHT MEMORIESにおいて繊細で眩い光を捉えて見せた著者の第二作品集。

 

─ 北関東は負い目を感じている。それがたまらなく艶っぽく美しいのだ。 / 大都会に対する引け目や劣等感を持ちながらも不器用に密やかに自己表現する、その姿からは優しさやエロスが匂う。そんな北関東が好きだ。 / 広い閑散とした国道を走るとき、錆びれた場末の色街を歩くとき、私はいつもそこに情景を見る。 / 北関東。私は愛を込めて、差別して、そう呼ぶ。─ 土佐和史ステートメントより

SUNLIGHT MEMORIES
土佐和史 写真集

3,500円+税 | 210×290mm | 68ページ | カラー
上製本 | 限定103部


Photographs by Kazufumi Tosa

3,500JPY+ tax | 210×290mm | 68page | Colour
Hardcover | Limited 103 copies

Published by CITYRAT press / 2017 / Sold Out

Artist Statement
想えば、生まれ育った大阪にいた頃から地方への憧れがあった。それはまだ写真に出会っていない頃からだった。
時間が出来るたびに港町や山村に、特に目的もなくふらふらと出向いた。 
非日常に身を置くことで、旅を感じ、自分だけの楽園を探しているのだった。

「写真に一番必要なもの、それは光です」恩師の言葉で僕の写真人生が始まった。 
それからはカメラと共に、ひとたちや景色と向かい合うようになった。 
仕事の為に上京してから、ここではない何処かへの想いはますます強くなっていった。
慌ただしい日常から離れ、少しだけ足を伸ばしたところに、全く違う時間が流れるその場所はあった。

地方に行くと新しい出会いや発見以上に、自分の過去の記憶を辿ることがある。
学校帰りの草の匂い、夕焼けになっていく部屋、祖母の手の感触。 温かくて切ないものが、からだを包み込む。 
そう、あの頃のあの眩しい記憶たちが今の自分をつくっているのかもしれない。

Looking back, I had longed for a region since I was in Osaka that I was born and grew up.
It was from the time not to yet come across a photograph that I felt it.
Whenever I had a time, I visited a port town and mountain village without aim.
I felt my journey by putting myself in non daily life and also I was looking for paradise just for me.

“A thing most necessary for a photograph, it is light”
My photograph life started by the words of my beloved teacher.
Since then, I faced seriously people and landscape with my camera.
After I went to Tokyo, not here, my wish to the place that I regain humanness became stronger and stronger.
Apart from busy daily life, there was the place that totally different time goes by when I stretched out a foot only a little.

I might trace back my past memory than new encounter and discovery when I went to a region.
Smell of the grass on my way home from school, a room tinted with sunset and the touch of the grandmother's hand.
A warm, bittersweet and longing thing wrapped around my body.
So, that dazzling memory of those days might make me what I am.

© 2016 - 2018 Kazufumi Tosa / Super Mountain Entertainment

  • Facebook Classic
  • Instagram Social Icon